ふたつの楽園 - Churamana,チュラマナ

ふたつの楽園ふたつの楽園
チュラマナ

ビクターエンタテインメント 2006-06-21
売り上げランキング : 93033

Amazon

曲目リスト
1. ウラ・ノ・ヴェオ -Prologue-
2. コドウ ~いちまでぃん~
3. アカカ・フォールズ
4. てぃんさぐぬ花
5. プア・アヒヒ
6. ふるさと
7. プア・アネラ
8. カナヘレ -Interlude-
9. 月ぬ美しゃ
10. 椰子の実
11. ウラ・ノ・ヴェオ
ふたつの楽園 - チュラマナ/Churamana
ふたつの楽園ーTOWER


このCDについて
新時代のアイランド・ミュージック「チュラマナ」の1stアルバム。
ハワイ、沖縄それぞれの音楽をバックグラウンドに持つふたりの女性シンガー、上原まきと宮良牧子をフロントに、ハワイアン・ギターの第一人者である山内雄喜、元TINGARAの三線プレイヤー、ゲレン大嶋によるニュー・ユニット。ゆったりと響くスラックキー・ギターと三線の音色に乗って、ふたりの歌姫が楽園のスピリットを伝えてくれる。

上原まきは多方面で活躍しているカリスマ性のあるフラダンサーでもる。透明感あふれる声で歌い踊る上原まきと、石垣島出身で圧倒的な歌唱力を持つ宮良牧子という、ふたりの対照的シンガーによるライヴ・パフォーマンスは注目を集めている。

ハワイ、沖縄はどちらも亜熱帯の島で、気候風土が似ているだけでなく、文化的にも多くの共通する部分がある。また、今もハワイでは沖縄系二、三、四世が多く暮らすなど、歴史的にも深く大きな繋がりがある。喜納昌吉は最初のスタジオ・レコーディングをハワイで行ったし、最近ではケアリー・レイシェルは『涙そうそう』にインスパイアされた曲を歌い、ジェイク島袋は『花』をカヴァーするなど、ハワイ音楽と沖縄音楽のミクスチャー(チャンプルー)には、十分な背景と奥行きがある。

【アーティストについて】
原まき(ヴォーカル、フラ)
宮良牧子(ヴォーカル)
ゲレン大嶋(三線)
山内雄喜(スラック・キー・ギター、ウクレレ 他)
<チュラマナ>
チュラ(ちゅら) = 「美ら」と書き、外面の美しさだけではなく、心や精神的な内面の美しさをさす沖縄の言葉。
マナ(mana)= 全ての物や人に宿ると信じられている「魂」「エネルギー」「精神」などを表すハワイの言葉。

TOWER
降りそそぐ星空の下で奏でる上原まきのエンジェリックな歌声。暖かい月明かりの下で響く宮良牧子の情感を帯びた深い歌声。ハワイと沖縄、亜熱帯の海に浮かぶ小さなふたつの楽園が育みつづけた宝物をふたりの歌姫が紡ぎあげる。島のスピリットと幸せを届けてくれる新しい時代のアイランド・ミュージックの誕生です。
レビュー対象商品: ふたつの楽園 (CD)
これを聴いて、沖縄の、静かで超遠浅の新原ビーチという所に行ったときを思い出しました。
ゆっくりと静かな波に揺られて、ひたすら明るくて、時間を忘れて....。
そんな、非常にやわらかでスローな雰囲気のアルバムです。

沖縄風とハワイアンが融合したアレンジで、名曲を歌うという、ありそうで意外となかった組み合わせ。
とてもしっくりしていて、気持ちいいです。
二人のボーカルは声に統一感がありながら、それぞれに違う歌い方が楽しめ、変化があっていいですね。

ところで、「椰子の実」はぴったりな選曲なのですが、
これだけはちょっとハワイアンと沖縄風があまり巧く混ざっていないというか、
更に日本唱歌のメロディってのがちょっとムリがあったかのな...
スパムむすびにゴーヤも挟まってるような....美味しいけどヘンと感じるような微妙な感じ。でも面白いです。



レビュー対象商品: ふたつの楽園 (CD)
このCDがオススメな人は
 ・沖縄の伝統的な歌に興味がある。
 ・だがしかし、あまりネイティブなものはちょっと。
という感じです。沖縄民謡をハワイアンのメロディーで包み込んだ結果、
かなり血は薄まりはするけれど、結果誰にでも興味が持てる内容と
なっていると思います。

三線やウクレレのメロディーが波の音、ヴォーカルの声は
風を表現している感じでここち良いです。
ただ、目をつぶりこの楽曲を聴いて脳裏の浮かぶ景色は
沖縄では無く、どちからというとハワイ島の景色です。
そういった意味でもハワイアンに沖縄の曲を足したという表現が
正しいのでしょうか?

2人のヴォーカルは互いに無いものを持っているので、
楽曲毎に違うスタイルを楽しめ、結果、これが
Chramanaの真骨頂だと思います。
やはり楽器は脇役で常に声で聞かせるのが、
南洋の曲の常で、その辺も本作品は外す事無くしっかりと
抑えていると思います。


レビュー対象商品: ふたつの楽園 (CD)
孤高で荘厳な三線の音と、大地から染み出、あらゆるものを包み込むようなウクレレの音が混ざりあったとき、新しい世界観が見えてきた。

上手く表現できませんが、私にとっては最上の音楽(世界)です


posted by Alani Fan Hub at 17:10 | Churamana | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




Wat's New Hawaii by RealHawaii.jp
見出し、記事、写真の無断転載厳禁でお願い致します コピーライトマーク 2010"YamauchiSho-ten" All rights reserved
Projected by Realhawaii
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。